アルミン「最強決定トーナメント」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(Sun)15:49:27.49 ID:P0m/uN9M0

アルミン「やってまいりました最強決定トーナメント!」

観客「うおおおおおおおお!!!!」

アルミン「我ら104期訓練生の中から選びぬかれた上位10人!その中の最強が今日決定するぞ!」

アルミン「知力、体力、時の運!すべてを使ってバトルを勝ち抜け!」

観客「うおおおおおおおお!!!!」

アルミン「司会は僕、104期のブレーン。アルミン・アルレルトがお送りします。そして解説はこの方!」

キース「解説のキースです」




2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(Sun)15:50:35.86 ID:Ke/K7GZd0

まあ続けてみたまえ




3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(Sun)15:51:37.60 ID:P0m/uN9M0

アルミン「キースさん、本日はよろしくお願いします」

キース「よろしく」

観客「うおおおおおおおお!!!!」

アルミン「さて、最強決定戦ということですが、上位10人の順位は決まってしまっていますよね?」

キース「ええ。しかしながらその順位はこちらの採点基準にあわせて評価したものに過ぎません」

アルミン「なるほど。個々人が直接戦ったわけではないと」

キース「ええ。順位通りにいくとは限りませんね」

アルミン「んーなるほど。では、早速選手の入場と参りましょう!」

観客「うおおおおおおおお!!!!」




4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(Sun)15:53:30.85 ID:6iVnNO9n0

見てる




5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(Sun)15:54:54.99 ID:P0m/uN9M0

アルミン「エントリーナンバー1番!あなたのためならどこまでも!家族の為なら削いで削いで削ぎまくります!」

アルミン「我ら104期の首席!才色兼備のクールビューティー!ミカサ・アッカーマン!」

観客「ミカサアアアアア!!!」

観客「俺も削いでくれー!!」

ミカサ「……」

アルミン「続いてエントリーナンバー2番の入場です!」

アルミン「結婚願望人一倍!誰でもいいから結婚しよ!頼れる皆の兄貴、ライナー・ブラウン!」

観客「ライナーニキー!!!!」

観客「メンヘライナー!!!」

ライナー「なんだその紹介は!誰でもよくねえぞ!」




アルミン「ねえ、エレン。もし僕が女の子だったらどうする?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30(Thu)21:04:43.46 ID:hzoewm7J0

エレン「は?いきなりなんだよ」

アルミン「い、いや、ほら、エレンってあんまり異性に興味なさそうだから。友達の僕が女の子だったとしても今の関係だったのかって思って」

エレン「別に興味がないって事はねーけど……アルミンが女だったらか、うーん」

アルミン「べ、別に深く考えなくてもいいよ! ご、ごめんね、なんか変なこと聞いて……」

エレン「そうだな、もしアルミンが女だったら好きになってたかもな」

アルミン「えっ……」




3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30(Thu)21:05:42.98 ID:DI4VC+uu0

ですよね




4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30(Thu)21:06:14.96 ID:4FThJlfq0

僕は良いと思います




6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30(Thu)21:07:20.45 ID:jbgUaMx00

俺ホモじゃないけどむしろ男だからいいんだと思う




12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30(Thu)21:10:09.24 ID:3fVIPAu/0

>>6
俺ホモじゃないけどそう思う




エレン「俺の芋女がこんなに可愛いわけがない」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(Wed)01:31:56.80 ID:3vPoyEcm0

アルミン「え?」

エレン「まいったな……アルミン、もうオレは駄目かもしれない」

アルミン「いやちょっと待って突っ込みどころが多すぎるよ」

エレン「なにがだ?」

アルミン「まず芋女っていうのは当然サシャのことだよね?」

エレン「あいつ以外に芋女なんているわけないだろ」

アルミン「じゃあ俺のってなに?所有格?」

エレン「う~~ん、オレのって言ったらオレのだな」

アルミン「…………えなに付き合ってんの?」

エレン「別にそういうのじゃねぇよ。そうだな、なんていうか妹みたいな?」

アルミン「ごめんなにいってんのかよくわからない」

エレン「なんだよ聞いたのアルミンだろ」




2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(Wed)01:34:07.88 ID:I0EpWe8c0

やーい
お前の妹狩猟民族ー




3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(Wed)01:34:35.50 ID:uhVCsafW0

サシャかわいいよサシャ




4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(Wed)01:34:44.16 ID:3vPoyEcm0

アルミン「最近サシャと訓練してること多いなと思ってたら……」

エレン「いや、別にそう最近って話でもないんだ」

アルミン「いつの間にそんなことになってるのさ」

エレン「ほら、前に俺がジャンと掴み合いになって教官にバレたことあっただろ?」

アルミン「それってかなり前の話じゃないか……」

エレン「あれ結局サシャのせいにしちゃったの気になっちゃってさ」

アルミン「その、入団して2年くらい前のあの時から、ずっと?」

エレン「ああ。今考えると教官にバレたらあれかなり危なかったからな」




5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(Wed)01:35:29.95 ID:3vPoyEcm0

アルミン「気付いてないかもしれないけど君はいつもそんな感じだよ」

エレン「え。いや、そんなことないだろ」

アルミン「…………」

エレン「…………」

アルミン「…………」

エレン「ないよな?」

アルミン「君がそう思うならそうかもしれないね」

エレン「まぁいいや。でさ、あの時にミカサがサシャの口にパン突っ込んでただろ?俺もパン渡したらいいかなと思ってさ」




エレン「アニの日記?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18(The)21:05:35.62 ID:M4thtGhM0

ガンガンガンガン

リヴァイ「出て来いよ糞アマ!ぶっ殺してやるよ!」

エルヴィン「落ち着けリヴァイ。その水晶体には傷一つ付かない。」

リヴァイ「落ち着けだと?俺の仲間を殺したんだぞ?それもあんな簡単に!」




2 パスタ ◆Pasta/zb6.  2013/06/18(The)21:06:11.23 ID:oUuncQS00

キレ杉ワロタ




4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18(The)21:07:10.54 ID:M4thtGhM0

エルヴィン「ああ。悔しいのは皆同じだ。だが今は打つ手を考えろ。」

リヴァイ「わかったよ。」フンッ

リヴァイ「おいエレン。そこの糞アマの部屋を調べて来い。何か手掛かりがあるかもしれん。」

エレン「はい。しかし彼女も女性であり、男である自分がやる事では…。」




6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18(The)21:09:55.42 ID:yPKfEb9d0

http://i.imgur.com/PLCn6ja.jpg




12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18(The)21:13:45.72 ID:13g1cyN90

>>6
やだかっこいいら




悟空「進撃の巨人?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/13(Sat)12:08:16.90 ID:3LOLBtqz0

界王(つい、口を滑らせてしまったの~・・・)

悟空「巨人がいる星なんか? いってみて~」

界王「悟空よ。お主程の力がその星に干渉すれば、その星の生態系だけでなく歴史も変えてしまう恐れがある。行きたいのは分かるがくれぐれも(ry」

悟空「分かってるって界王様~! ちょっと見てくるだけだからさ」

悟空。額に指を当てて瞬間移動のポーズをとる。

悟空「・・・・・・」

界王(ゴクッ)

悟空「いっけね! その巨人の気わかんなかったんだ!」

界王「ドテッ」




3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/13(Sat)12:21:05.10 ID:3LOLBtqz0

悟空「どうすっかな~・・・」

界王「いつつ。瞬間移動も不便じゃの~」ムクッ

悟空「! あっ界王神様なら!」

シュン

界王「お、おいゴ(ry」

界王「いってしもうた・・・ワシなんて界王神様に会う事すら無理なのに・・・」


大界王神「フンフンフ~ン。地球のギャルはかわいいの~」

シュン

悟空「おっす!」

大界王神「フンフンフ~ン。もうちょっと足をあげんかい!みえんじゃろうが!」

悟空(聞こえてね~のか?)

悟空「すぅ・・・」

悟空「大界王神様~~~~!!!!!」

大界王神「ぎゃああああああ!!!」




6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/13(Sat)12:35:05.55 ID:3LOLBtqz0

大界王神「な、なんじゃ悟空か。久しぶりじゃの~」

悟空「じっちゃんも変わらね~な~」

大界王神「あたりまえじゃ! ワシは全宇宙の頂点に立つ大界王神じゃぞ!」フンス

悟空「所でよ~。」

~ゴクウ説明中

大界王神「ふむ。そういえば、地球と環境は似ているが文明レベルの発達が著しく遅い星があるんじゃが」

大界王神「その文明の発達を阻害しているのが巨人による、オリジナリティーヒューマンタイプの駆逐にあるんじゃな」

悟空「お・・・おりぢなりてーって何だそれ?」

大界王神「百聞は一見に如かずじゃ。ほれこの水晶で見てみろ」コロコロ

悟空「ありがて~」




8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/13(Sat)12:42:14.97 ID:3LOLBtqz0

ブワン
水晶にその星の光景が映りだす

悟空「映った映った・・・!!」

界王神「あ、悟空さん! どうしたんですが?」タタタ

悟空「こ・・・これは・・・」

界王神「何を見て・・・ウッ」

悟空「界王神のじっちゃん!」

大界王神「皆まで言わんでもお主のいいたいことはわかっとる。だが、今回は駄目じゃ」

悟空「な、何でだ!?」

界王神「悟空さん。今回はブウの時とは事情が違うのです。
ほおっておけばブウは全宇宙の生物を破壊つくす人工生物ですが。彼ら巨人は人類であり、
その星内だけで争っている為干渉する事はその星の歴史を変えてしまう事になるのです」




9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/13(Sat)12:48:40.14 ID:3LOLBtqz0

悟空「じゃあここで指を加えて人類がやられていく所を見てろって事なんか!?」

界王神「残念ながら・・・」

悟空「くっ・・・」

大界王神「・・・・・・」

大界王神「だが、その星の支配者にお灸をすえる事も必要かもしれんの」

悟空「えっ?」

大界王神「あやつらの思考はあくまでも仮想敵を作った内政結束的政治手法じゃなからの~」

大界王神「もし、星内統一をした後の数千年後宇宙に勢力を伸ばそうとした時、同じような殺戮を起こす可能性も十分に考えられる」

ゴクウ「???」

大界王神「そこで、宇宙には自分たちよりも遥かに強い生物がいると分かれば、勢力の拡大を自粛。という思考も生まれよ~て」




広告
是非フォローして下さい!!!!
QRコード
QRコード
放送時間
・MBS
2013年4月6日より
毎週(土)25:58~

・TOKYO MX
2013年4月7日より
毎週(日)23:30~

・テレビ愛知
2013年4月8日より
毎週(月)26:35~

・福岡放送
2013年4月8日より
毎週(月)25:59~

・北海道テレビ
2013年4月8日より
毎週(月)26:20~

・テレビ大分
2013年4月8日より
毎週(月)26:18~

・BS11
2013年4月9日より
毎週(火)24:30~

◇ネット配信情報◇
・ニコニコ動画
2013年4月10日より
毎週(水)22:00~
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

広告